練馬の住宅街にドーンと鎮座する白山神社の大きな欅(ケヤキ)。すごく綺麗な樹形。

太く力強い幹から四方八方に広がる枝と葉のバランスがGOOD。エネルギッシュっす。

柵が設けられてて近寄ることはおろか触れることもできない木だけど、そばにいるだけで結構マインドフルネス!わざわざ遠くの山奥の禅寺行って瞑想しなくてOK!ここでOK!

5月末のいい青空が広がる日に来れてよかった。

木のことについて詳しくない僕でさえ、その美しさとエネルギッシュな姿形に魅せられまくったんだから、それはもう有名な木なんだろうなと思ったら、Wikipediaにもそのページがあるくらいに有名な木だった。

裏側(社側)にたつと、その幹というか樹皮にはすごい形相が浮かび上がっている。樹齢800年以上。いろんなものを見てきて、空気と養分を吸い込んで、この形を描き出しているんだろう。とてつもない生命力を感じる。

平安時代から続く神社だそうな。源義経が戦勝を祝って奉納した苗が育ったケヤキらしい。

幹の根元の方には新しい命が芽吹いてる。こういうのいいですよね。

何が?って言われたらむずいですが。始まりがあって終わりがある生命

スズメもマインドフルネス中。