先日、弊ショップで開催したワークショップ「HONEY CRAFT BEESWAX ECOWRAP | ハチミツクラフト ミツロウでエコラップを作ろう」は、3部それぞれ満席の予約をいただき盛況のうちに幕を閉じることができました。

参加してくれたみなさん、おおきにです!

なんとメディアの取材も入りました!残念ながらカメラが僕と僕の店にフォーカスすることはありませんでした。(coup meadジュリー先生への取材)

エコラップの作り方、使い方を丁寧に教えてくれたcoup meadのジュリー先生。ミツバチやハチミツのいろんなお話を交えながらのワークショップ。

そもそも、エコラップって何?って人もいらっしゃった(よくぞ来てくださいましたよね笑)ので、エコラップとはなんぞ?とか、こうやって使うんだよとか、話してくれました。

ほそぼそショップ運営トモダチのmoimoidesign storeタニリョー氏が現地のスウェーデン、フィンランドで仕入れてきた北欧ヴィンテージテキスタイル群の中から好きな柄を選んでエコラップを作りました。

ハチミツとホホバオイルを贅沢にたっぷりと染み込ませます。

意外とすぐに凝固するミツロウ。アイロンで温めて溶かしながら満遍なく生地に染み込ませます。人それぞれおもしろポイントはあるでしょうが、個人的にはこの工程がクラフト感あって楽しい。

ミツロウとホホバオイルが染み込んだ生地は独特の香りと、ベタつきがあります。みんな興味津々。楽しそうです。

最初はこのベタつきに違和感や、不快感を持つひともいるかもしれない。

はじめ僕もそう思った。

だけどそれは、自然環境のことやカラダの健康のことを日々じっくり考えてるハチミツマイスターエシカルシマネワークショップコーディネータージュリーがパパと作ったものによるベタつき。

なんというか知っている人が作ったもの、知っている人しか関わっていない生成物は、安心感がなんだか違うっすよね。布の生地を作った人は知らんですが。

物販コーナーも用意しました。作っておいた既製品のcoup meadエコラップは、引き続き当店でも販売しますので、是非どうぞ!

ジュリー先生とは、HONEY CRAFTシリーズとして今後も定期的にハチミツやミツロウを使ったワークショップやろうと話をしております。ちなみに次回は7/28(日)時間未定。ゲスト先生として青いボトルマークのサードウェーブコーヒー屋さんからバリスタをお招きし、美味しいコーヒーと美味しいハチミツの関係を探ります!乞うご期待。

※coup meadは公式ウェブサイトはまだ準備が整ってない様子!しばらくはinstagramで活動状況を配信しておりますよ。

▼coup mead(空水土/クーミード)のインスタグラム

https://www.instagram.com/coup.mead/?hl=ja