長野県は川上村にある、廻り目平キャンプ場。金峰山荘が管理している。

金峰山、小川山といった山々を望むそこは、美しい白樺の森と、そこかしこにボルダーが転がっていて、クライマーなら結構誰でも知っている場所。

自分が生まれ育った田舎の里山には、こんなにも白い樹皮で覆われた樹々が密集した森はなかったので、異国の森に迷い込んだような。

褐色と白と黒と緑のコントラストが美しい道。

切って持って帰って何かしらクラフトしたい衝動に駆られるがやめとこう。何より今日はのんびりしに着たのではない。

この日は撮影の仕事で、平日木曜のAM3:00に家を出て6:30に到着。一番乗りかと思いきや熱心なクライマーがマットを背負って今まさにボルダーを目指して駐車場から旅立って行くところだった。健闘と無事を祈る。

ちょっとロケハンした後に、遠くの岩山に目をやればすでに壁に張り付いて頂上を目指す人もいた。(↓この写真の中に3人のクライマーが。。)