簡単にいうとフォーム入り防水スタッフバッグ(スタッフサック)。なんだ、その程度の物か。と思うなかれ。かなーり使える代物です。

EXPED Crush-Drybag S / エクスペド クラッシュドライバッグS

容量: 2L
サイズ: 28×17cm
重さ: 110g
マテリアル: 70D タフタナイロン、PUコーティング、シームテープ

もともとEXPED製品は、質の高さとデザイン性が好きでいろんなアイテムをいろんなシーンで愛用しているのだけど、特に撮影仕事の時、レンズやデリケートな電子機器を運ぶのに重宝。

とりわけ雨天時の屋外なんかは本当に安心できる防水性能。

この前、撮影で富山〜石川へ飛行機で行った時は、こんな感じでサムソナイトのスーツケース(20インチ)撮影機材をまとめて運んだ。(コストコで28インチのサイズとの2個セットで購入したコイツもオススメ)

広げるとこんな感じ。

いつもモビリティ重視で道具を揃えてはいるものの、結局20インチのスーツケースにこれだけ詰め込むとだいたい20kgくらいになる。

で、今回の主役のEXPED Crush-Drybag S / エクスペド クラッシュドライバッグSには、こんな感じで、交換レンズを入れている。

交換レンズ3本収まる。小さめのレンズならもう1本いけると思う。

ちなみにa7シリーズに中望遠ズームレンズつけたカメラ本体も余裕で入る。

ロールトップクロージャー。パッケージには3回以上おりこんで(巻いて)使いましょうと書いてある。

こんな感じで中のフォームパッドは取り出せて、それぞれ単体でも利用可能かと。

使わない時もまあわりとコンパクト。と、いっても望遠レンズくらいはある。。

フォームパッド入りのCrush-Drybagシリーズには兄弟が下に3つほどある。
Sサイズが一番大きい緑。
XS 3-Dサイズのライトブルー。
XS 2-Dサイズのオレンジ色。
3XSサイズのブラックという順に小さくなっていく。
サイズやスペックの詳細は以下の販売ページで!